スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議なコト…その1



゚.:。+゚+。:.゚.:。+゚+。:.゚.:。+゚+。:.゚.:。+゚

書くことによって少し前進できそうな気がしているので

mamaの自己満足記事です。

コメント欄も閉じたままだし、おまけに長文ですので

スルーしてもらって構いません。

゚.:。+゚+。:.゚.:。+゚+。:.゚.:。+゚+。:.゚.:。+゚




平成26年9月8日(月)に虹の橋へ行ってしまったさくらを

9月13日(土)にpapaとmamaでちゃんと送り出してきました。


14-1004-01.jpg


どうしても二人で送り出してあげたかったので

papaが自由に動ける13日まで

さくらには少しだけ無理をさせてしまった…




家では保冷剤をダッコしてもらっていたけど

10日(水)には茶色で可愛い鼻が黒くなってきた…

13日(土)まで家で寝かせておくには

ドライアイスが有効なのでしょうけど

綺麗な体で見送るにはやっぱり

葬儀センターで安置してもらう事に……


14-1004-02.jpg
(6年位前のさくら。mamaのお気に入り)


家にいるとpapaやmamaにベタベタ撫でられたり

涙と鼻水で酷い事になってるmamaの顔を

押しつけられたりでゆっくり休めないしさ。




面会は営業時間中ならいつでも可能だったので

アシシゲク通ったよ。

お陰で綺麗な体のまま、さくらを見送る事ができました。

お骨は納骨せずに連れて帰って来たけどね。


14-1004-03.jpg


さて、不思議なコト……

さくらを安置してもらいに行ったその日…

なんとか家に帰ってきたmamaですが

最後の数週間、さくらが気にいって

入り浸っていた場所から「チリリ…チリリリ」って

鈴の音が聞こえてきたの!


14-1004-04.jpg


帰って来てからずっと泣いていたmamaだけど

思わず微笑んでしまったよ。

さくらを寒くて知らない場所に置いてきちゃった…と

罪悪感で頭の中いっぱいだったけど

魂だけは一緒に帰ってきたんだって思ったら

自然と口元がゆるんでた。


14-1004-05.jpg


その日の夕方、今度は寝室から鈴の音が!

元気な時も亡くなる前日も

夜寝る時は必ずmamaの隣で寝ていたさくら。

「まだ夜じゃないよ~」と思わず話しかけちゃった。


14-1004-06.jpg
(10年前のさくら。papaとmamaのお気に入り画像)


もしかしたら、現実を受け止めきれないmamaの

幻聴だったのかもしれない…

実は今までが夢で、本当はさくらが

生きているんだって思いたいmamaが作り出した

音の様なものなのかもしれない…


14-1004-07.jpg


数日前まではそう思っていた。






少し長くなってしまったので

一旦終わりにします。

ここまで長々とmamaの自己満足な文章を

読んでもらった事に感謝します。

rain-07-01.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。